NAIL PROBLEM
爪のお悩みご相談ください

深爪、噛み爪、巻き爪

深爪、噛み爪、巻き爪など、爪にコンプレックスがあることで「とてもじゃないけど、ネイルサロンになんて行けない!」と思っている方は、お一人で悩まずに一度Largo(ラルゴ)にご相談ください。

爪に関するコンプレックスによって、人前で自信を持って手を出すことができないという方は意外とたくさんいらっしゃいます。 Largo(ラルゴ)はネイルデザインをするだけでなく、爪の悩みを解消するケアに力を入れております。どんなにひどい状態だとしても、少しずつケアをしていけば、必ず綺麗な爪にすることができますので、諦めずにご来店ください。

深爪ケア・噛み爪ケア

深爪とは
爪床(そうしょう…爪の裏側と密着している指先の皮膚)を露呈するほど爪を短く切ってしまった状態で、爪のピンクの部分が少なく白い部分が多い方に、よく見られます。白い部分を切らないと爪が伸びているように見えてしまうため、深く切ってしまう傾向にあるからです。
深爪は繰り返しているうちにピンクの部分が短くなり、小さな爪が当たり前のようになってしまいます。
噛み爪とは
爪を噛んでしまうクセで自爪がボロボロになったり、深爪になっている状態のことです。小さい頃から習慣、ストレスを感じた時、不安や不満を抱えている時、運転中、無意識に・・・など爪を噛んでしまう理由は様々です。
ひどい場合は血がでる程に噛んでしまう場合もあり、そのままにしておくと指先の皮膚が爪より盛り上がり硬くなったり、爪が変形して生えてきたりします。

深爪・噛み爪は少しずつ健康的な自爪を育てて行くことが大切です。

日常生活の中で何かと目にとまる指先なので周囲の目線が気になりますよね?爪を綺麗にすることで、心のストレスからも解放されるケースが多いので、ぜひ一度、思い切ってLargo(ラルゴ)へ来てみてください!!

深爪・噛み爪のケア方法

1 カウンセリング
爪の状態を見せて頂き、ケアの方法などを丁寧にご説明させて頂きます。わからないことがありましたら、何でも聞いてください。
2 自爪のケア
健康で丈夫な爪が伸びやすいように1本1本、甘皮を処理します。
ジェルやアクリルスカルプの持ちが良くなると同時に、ケアをするだけで小さく見えていた爪が少し大きく見えるようになります。
3 ジェルネイル等の装着
補強と噛み癖の防止のために、日常生活に負担のない長さで自爪にジェルネイル(場合によってはチップで長さだし)、またはアクリルスカルプ(人工爪)をつけていきます。
4 仕上げ
キューティクルオイルで爪の保湿をします。
施術前の自爪の状態
施術前の自爪の状態
噛み癖で、白い部分がほとんどない深爪の状態です。そのため爪自体が小さく見えます。 噛み爪は、爪だけではなく爪の周りの皮膚も噛んでしまう方も多くいます。
ケア後
ケア後の自爪の状態
チップで長さだしをしてクリアのジェルネイルを付けた状態です。 ジェルで固めてあるので、噛みにくく、無意識に口元へ爪を持っていってもなかなか噛むことができません。 最初の爪の状況や個人差はありますがキレイに自爪が伸びるまで約1ヶ月~2ヶ月、回数としては2~3回程かかります。
約1ヶ月半後の自爪の状態
約1ヶ月半後の自爪の状態
自爪がキレイに伸びて白い部分が増えました。噛み爪は、長年の癖もありますので、白い部分が増えると、ついまた噛んでしまい最初の状態へ戻ってしまうことがあります。不安な方は、噛み癖が落ち着くまで、引き続きジェルネイルを付けておくことをおすすめします。

深爪ケア・噛み爪ケア 価格

処置方法 価格(10本) 回数
ジェルネイル(クリア)
※自爪に直接ジェルを塗ります
お爪の状況やお客様の生活
スタイルに合わせて施術す
る内容を決めていきます。
4,000円~
7,500円程度
2回~3回
アクリルスカルプ
※自爪に人工の爪を付けます
ジェルネイル+チップ(クリア)
※チップで長さだしをしてジェルネイルを塗っていきます

※価格はすべて『税込』となっております
※カラー・デザイン・アートを入れる事も可能です(追加料金がかかります)
 デザイン・アートの価格はこちら  深爪・噛み爪ケアビフォーアフターはこちら

巻き爪ケア

巻き爪とは
爪の両側が丸まって皮膚に食い込んでしまう状態で、多くは足の親指にみられます。 深爪や間違った爪切りによって徐々に悪化し、靴を履いて歩くのも苦痛になり、ひどくなると膿んでしまいます。

巻き爪は、早めにケアすることでとっても快適な歩行になります!

痛みから自己流で爪を切ってしまう方が多くいらっしゃいますが、爪の切り方に注意しないと悪化することもあります。
痛い巻き爪をかばいながら歩くことによって姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛をひきおこす原因にもなりますので、早めにご相談ください!

巻き爪のケア方法

1 爪の角質ケア
専用のマシンを使い、爪と皮膚の間に溜まった角質を丁寧に取り除き「爪」と「皮膚」をしっかりわけます。この角質ケアだけで、ほぼ痛みがなくなる方が多いです。
2 アクリルスカルプ(人工爪)
角質ケアだけでも痛みは軽減しますが、見た目に爪の巻きが気になる方は、爪のサイドをカットしアクリルスカルプ(人工爪)をつかい外側に広げて固めます。
巻爪ケア 施術例
巻爪矯正施術例

巻き爪ケア 価格

  1本 2本
爪の角質ケアのみ 3,000円 6,000円
爪の角質ケア&アクリルスカルプ 4,000円 8,000円

※価格はすべて『税込』となっております

このページの上部へ